So-net無料ブログ作成

「SP」中間考察 【SP】 [TV日記]

V6の岡田君主演のドラマ「SP」を4話まで見て、
今のところ他にネタもないので、中間考察でもしてみます。

1話目を見た感想は、前にも書いたけど、
私自身の期待度が大きかったせいもあるのだけど、
結論から言うと、
私を唸らせられるだけのクオリティにならなかったのは、とても残念。

製作陣、キャストがやろうとしている事は、十分伝わってくるものがあるのだけど、
それじゃ、なんで私の満足度が低いのか。

まず、脚本の間延び具合い。
ストーリーにスピード感が、まったくもって足りないの。
テンポもものすごく悪い。
めずらしく1エピソードあたり3話も使っているのに、
それに見合うだけの、中身が足りないのだね。
映画や米ドラマは、逆に詰め込みすぎというのはいくらでもあるのだけど、
この「SP」は密度が薄いのよ。

各エピのゲスト出演者も含めて、
キャラクター作りは、かなり良いものがあると思う。
岡田君演じる、井上の飄々とした感じ、
でも実は、幼い頃の両親を亡くしたテロのトラウマがあり、
心にひっかかるものを隠し持っている感じなんかは、
岡田君の力量もあり、ワクワクする。
堤真一が演じる井上の上司尾形も、部下を守り、上からの圧力にも耐え、
いい上司なんだけど、
実は、胸に一物抱えている感じもする。
特に、尾形がSPになろうと決心した、井上の両親が巻き込まれたテロについては、
現総理の影もちらつき、
いい伏線になっていると思う。
他のキャストも、それぞれ個性があり、
しかも、犯人役にも強い個性を持たせていて、
それが相乗効果でよりよくなりそうな雰囲気は、あるのよ。
特に2話~4話までのテロリストのリーダーは、
どことなく「ダイ・ハード」でテロリストのリーダーだったアラン・リックマンが演じたキャラクターをリスペクトしているみたいに、沈着冷静で、頭も良く、不気味な感じが良かった。

3話分使って、病院を占拠までして、
結構大掛かりなテロを仕掛けたエピになっているのだけど、
スピード感の足りなさ、テンポの悪さが足を引っ張って、ワクワクドキドキのクライマックスが、ものすごく分かりづらかった。
平坦な感じが最後までして、いつドカンときてラストなのか分からず、悪く言えばなあなあな感じのまま、終わっちゃった。
しかも、リーダー、結構あっさりやられちゃうし。
敵が強ければ強いほど、主人公がヒーロー度を上げていくのだけど、
井上があまりあっさり勝っちゃうと、拍子抜けしちゃうんだよね。
このバランスが難しいところ。

これって、脚本家の腕の見せ所で、しかも一番難しいところなのでしょう。
1時間である程度のクライマックスを作りなきゃならないし、
でもエピ自体は次週に続くし、
毎週、井上も活躍させなきゃならないし、他にもキャラクターはいるし、
事件も進めなくちゃならないし。
ハードルは高いね。

スピード感をだす為の重要な要素、井上のアクションについても、言いたい。
岡田君はインタヴューのたびに、アクションがあるので、全部自分でやりたい、
と言っていたけれど、
その岡田君の気合いの入り具合いから言えば、今までにないくらいのアクションシーンを期待していたのだけれど、
多分、米ドラマを見慣れている人からすれば、どこがアクションなのか、分からないと思うな。
気合いを入れなきゃできないようなアクションは、果たしてあっただろうか・・・
うーん、目が肥えている人は、世の中、たくさんいるはず。
なら、もっと格闘してくれなきゃ。
ガン・アクションでもいい、体術でもいい、
おっ!と言わせるだけのアクションシーンを見せてくれなきゃ。
結構、期待していたのに、寂しいなぁ。
殴り合いをしろと言っている訳じゃないのよ。
おっ!あっ!、が欲しいだけ。
高望みじゃないと思うよ。

数話で1エピソード完結の小気味良さと、
作品を通して伏線と思われる、井上の両親が亡くなったテロと、現総理大臣の関係。
この二つがいいバランスで進んでいけば、面白くなると思うんだけどな。

とにかく、主人公は井上なのだから、彼を思いっきり活躍させる事。
これ、大事。
彼の特殊能力についても、もっと活躍させてあげるべき。
まだ、あまり役に立ってないもの。
そりゃないでしょ!のギリギリ手前まで、このくらいが調度いいんじゃないかな。
そして、井上には、目一杯苦悩してもらう事。
これも、大事。
井上が困難に立ち向かったり、悩んだり苦しんだりした方が、視聴者は感情移入できるんだから。
飄々とした性格の裏に、苦悩を隠し持たせる事。
そうやって彼の強さと弱さを見せる事によって、見ている方はぐいぐい惹き付けられるはずだよ。
何より、アクションはカッコ良く!
カッコ良すぎるくらいがいいんじゃないかな。
少しくらいなら、岡田君に苦労させましょう。
ジャニーズなんだし、まだ若いんだから、多少のムリはきくでしょう。
しかも、運動神経いいはずなのだから、ある程度までは、できるって。
監督も脚本家も、今まで日本のドラマでやっていなかったようなストーリーを作って欲しいよ。

そして、リアリティ。
これは必須です。
堤さん演じる尾形には、中間管理職として、苦労してもらって、
上には上の理屈が、
下には下の不満があるでしょうから、それをリアルにやってもらいましょう。
井上には、リアルとフィクションのギリギリなところで、リアリティを追求して欲しい。
リアリティは必須だけれど、あくまでドラマ、ヒーローのドラマなのだから、
本当に本当のリアリティというのではなくって、リアルっぽいリアリティとでも言うのかな、
そうかもしれない、そうなんでしょうね多分、という部分で、フィクションも含めた演出をして欲しいの。
表現が難しいな。
伝わるかしら。
ウソまでいっちゃダメなんだけど、これなら現実かもしれないってレベルの範囲があるでしょう。
アクション映画を好きで見ている人には分かってもらえるような気がするのだけど、
ジョン・マクレーンがギリギリアウトなら、ジェイソン・ボーンであって欲しいの。
そういうドラマを、日本でも期待していい頃でしょう?
たくさんの人が、例えば「24」や「プリズン・ブレイク」なんかを見て、目が肥えた今だもの。
そういうレベルのドラマを、期待したくなるでしょう。
制作費がかかるでしょうね。
時間もかかるでしょう。
でも、もうそろそろ、子供だましも通用しなくなるでしょうから、
真剣に考えて欲しいな。
テレビ業界の人にね。
米ドラマが全部すごいとは思わないけど、
一度見てしまうと、日本との差を感じてしまうから、
せめてそれが少しでも埋まるようなドラマを、期待しちゃうのよ。
それが、「SP」だった訳。
だから、そういうのを見たいなぁ。

いろいろ書いちゃった。
ドラマの関係者が読んだら、引くかしら・・・
でも期待の裏返しなのは、分かって欲しいな。
楽しみに見ているのよ。
だから、クオリティを求める気持ちも、分かって欲しいな。
視聴率もいいそうで、なにより。
これからの展開を、楽しみにしていましょう。
引き続き、期待してますっ!


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 4

うつぼ

こんばんは!
ここ数年ドラマは殆ど観ていないのですが、あまり米ドラマを見ない私でさえも確かに物足りなさを感じるかも。最近日本のドラマは1クールで終わってしまう視聴率稼ぎのものでしかないように思えたりもしますし。(渡る世間、、、は除く、笑)
米ドラマはヒットすればシリーズが続いていくのを考えるとやはり制作費のかけかたが違うのかもしれませんね。
ところで、ジェイソン・ボーンと↑の記事にありましたが。やっと1&2レンタルで観ました。(2がなかなかTSUTAYAになくて今頃に)
お陰でやっと先日みた3と話がつながってスッキリしました。念の為もう1度観にいこうと思っております。。
by うつぼ (2007-12-03 23:32) 

LICCA

うつぼさん、こんばんわ!
米ドラマは、視聴率が悪ければ即打ち切り待ってますから、作り手の気合いの入れ方が、日本とは全く違うんですよね。
日本の方が、環境的には甘々なんですよ。だから、余計に、1クールもてばいいや、みたいな匂いがするんだと思います。
そろそろ、気合いの入った日ドラマが見てみたいです。「SP」期待しているんですけどね~。

ボーン・シリーズ制覇ですね。
完全に続きものでしたから、やはり最初から見ないと、分からないですよね。
そういえば、私ももう一度見たいかも、なんて感想書きましたが、いろいろ予定が詰まってきてしまい、映画を見に行く時間を作るのも、大変になってきてしまいました。平日でも行かねば。。。
by LICCA (2007-12-04 01:34) 

mika

同感です!私も「24」にもはまっていて、シーズン5までBOX持ってるんですが、あの手に汗握って興奮するレベルにはなかなか到達するのは難しいですよね・・予算もケタ違いなんでしょうけど、制作過程がスタートからして違い過ぎますからね。何話分も撮影したのに放送されないこともあるなんて、すごく厳しいですよね。そうして、やっと放送されても今度は視聴率によっては即打ち切りだし・・日本で海外ドラマブームなのも、やっぱり面白いからですよね。でも、我が国のドラマも頑張ってほしいですね。身近だし言葉の壁もないし・・ね!
by mika (2007-12-04 16:29) 

LICCA

mikaさん、こんばんわ!
私は「24」は結局手を出さなかったのですが、
(実は「24」を借りに行ってあまりの多さに断念し、「SUPERNATURAL」を借りて見事ハマった経緯があります/笑)
アメリカのドラマが人気になったのは、“面白い”からだと思います。
スタートからして違うというのは賛同しますが、にしても、我が国のドラマは、少々情けなく・・・
アメリカドラマで、散々英語に苦労してますので、言葉の壁のない国内ドラマ、頑張って欲しいです。是非。
by LICCA (2007-12-04 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。